愛想のこと

先週の金曜日、久しぶりに愛想を使い果たしたので、その週の土日はもはや使い物にならなかった。

その甲斐あってか仕事場での私の評判は右肩上がりで、結果としてはまぁまぁいいと思う。

 

私は一日に使える愛想の量というものが決まっているので、それを越すと翌日、ひどい場合は翌々日の分まで引っ張ってこなければならなくなる。

先週の金曜日はまさにそのような状態で、金曜日の分の愛想を使い果たし、翌日の土曜の分にまで手をだし、それでも足らず、日曜の分を少し使った。

そのため土曜日は相槌を打つことさえ億劫なほど感情という感情が死滅していて、それは日曜の午前中まで続いた。

そんな状態になることはめったにないのだが(そもそもそんなに気を遣いまくって愛想を振りまくこともそうないし、これが平日のど真ん中であれば間違いなく支障がでるのでやらない)、愛想の量が足りないときは単純に他人に会わなければいいだけなので、たとえ土日まるまる家に引きこもり陰鬱に過ごしたとしても「難儀な性格だなぁ」で終わることができる。

どう考えても日常生活を営む上で誰かしらとは顔を合わせる状況になるのだから、人生のうち一日や二日や一週間、誰にも会わずに過ごしたところで、別にどうというわけでもないだろうし。

 

明けて今週、あれほど気を遣い愛想を振りまいた反動か、慣れ親しんだ人に会いたいなあと、そんなことを思っている。