日記

平成を振り返ること

今週のお題「平成を振り返る」 平成と同い年なので、元号が変わると聞いて一番に思ったことは「自分で年齢を覚えなくては、」という危機感だった。平成と同い年なんです。そういえば自分で年齢を覚えていなくても済んでいたというのに。それも三十一で終わり…

桜のこと

今週のお題「桜」 桜の花びらを三枚、地面に落ちる前にキャッチすると願いが叶う。と聞いたのは高校生の頃なので、今からもう十年以上も前の話である。実際誰にそれを聞いたか(おそらく同級生だと思うのだけれど)記憶はあやふやだが、あれは結構難しい。とい…

卒業してからのこと。

今週のお題「卒業」 私はお別れが苦手だ。仕事場での退職だとか、卒業式だとか、そういう類のお別れが。その点死別はすぐに受け入れるほうである故、もう二度と会わないかもしれない生きている人間とのお別れが苦手なのだと思う。そう書くとめちゃくちゃ限定…

私の未来予想図のこと

一年後のことさえ考えると霞がかかり、鮮明に考えることができない。具体的にこうやっていきたい、数年の間にこういうことをしたいというヴィジョンはあるが、そのどれもこれもが仕事に関することでいっぱいで、その中にプライベートのことは含まれていない…

帰国後のこと

旅行がリフレッシュにならないことは薄々感づいていたのだけれど、帰国後真っ先にヘルペスを発症したのでそれを確信した。デリケート。あまりにも。災害か?と思われるほど強風に見舞われもしたが綺麗な景色も暖かな空気も存分に楽しめた、ただ非日常を送っ…

旅行のこと

明日からハワイ旅行にいく。雨期真っただ中ではあるが、気温は日本よりもずっとあったかい。まだ荷造りをしていないが、幸いにして明日の夜の便である。 しばし現実を忘れてこようと思う。

電車でのこと

電車の中で会社経営をされている老人に声を掛けられた。 そう書くと異常にドラマチックに感じるが、実際は電車内で空いた席を譲り合い結局老人の「膝に水が溜まっている、座ると痛いからどうぞ。」という言葉に私が従った結果そのまま彼が下車するまで会話を…

最近のこと十五

時々喋るのが億劫になるのはたいしたことではないと、思っている。日曜日の朝九時過ぎ、起き抜けにお気に入りのスタバまで足を運んだ。そこで店員さんと注文のやり取りをしたのち、今日はもう他人とは喋らなくて大丈夫、と、自分で決めた。買い物をして帰る…

怒りで目が眩んだこと

年末にキレ散らかしていた記憶が苦々しい。すでに過ぎたことではあるが、キレ散らかした対象は今後の仕事に大いに関係する事もあり、考えると暗くどんよりとした気持ちになる。あまりのことに、その日一晩は頭が沸騰して怒りで目が眩んでいたほど。翌朝には…

二〇一九年のこと

二〇一八年末、クリスマスが過ぎた平日、会社のことでキレ散らしていたこと以外だと茨城までカウントダウンに行った。牛久大仏で毎年カウントダウン花火というファンキーなイベントをやっている、一度行ってみたいといったのは茨城に住んでいる友人で、私も…

ラッキーのこと

本社に行った際、私が希望する部署で働いている人が声をかけてくれた。なぜ私の顔を知っているか不思議であったのだが(きちんとした挨拶など交していない)、私が希望していることを向こうはすでに知っており、それからの声かけであった。ちょうどその時天井…

最近のこと十四

営業から「このたび先輩とのチーム営業が終わり、独り立ちすることになりました。以前より自由が利きます!」と報告され眩暈がした。メールを入れるという文化を知っているかどうかも危うい営業が独り立ち。報告されたとき座っていてよかった。立っていたら…

最近のこと十三

気が付けば十二月である。あっという間に時間が過ぎていき、やや狼狽気味ではあるのだが。 穏やかに過ごしているので特に何事もなく毎日を送り、休日を静かに迎えている。最高。これぞ私が望む平穏と言わんばかりの生活。 土曜日には三菱一号館美術館へ足を…

最近のこと十二

新しい仕事先で、借りてきた猫のようにおとなしくしている。とはいえ、先々週までいた場所でも、始終おとなしかったのだが。 きちんとした挨拶もできずに当日の朝を迎えて気が気ではなかった。営業といえば「先週風邪で寝込んでいまして。」などといい今日は…

リラックスのこと

今週のお題「リラックス」 食べるのがそれほど楽しくないと思っているはなぜかという謎が、ここ最近腑に落ちた。何でもかんでも食べて美味しいとおもう性質ではないのだ、一番美味しいと感じるのは自分で作ったもので、疲れていると料理がしたくなる。自分の…

片付けのこと

家財整理と見まごうほどに片づけを行っている。確か去年も同じように部屋をひっくり返す勢いで片付けたのだが、ものがあまりないはずなのにまだこんなに片付ける物があったとは……と驚愕するほどの量が出てきた。増えているわけではないので、去年より必要な…

関与できない話のこと

仕事先が移動となるのは、だいたい二週間後くらいの話である。という話を、だいたい二週間くらい前である昨日、営業から電話で聞いた。いや遅くないか? 一応、移動の話自体は一ヶ月前ほど前に知っていた。一ヶ月前、「移動する際はだいたい一ヶ月前には決ま…

最近のこと十一

睡眠の質がよくなってきたような気がする。驚くほど浅い眠りを繰り返していたのだがここ最近はきちんと深い眠りにもつくようになった。自律神経という大事なわりにふんわりとした存在を意識し、整えることを考え実践するようになったからかもしれない。もし…

整理整頓のこと

バタバタとしていたこともあり、部屋が雑然としていたので片づけた。ついでにもう少し踏み込んで整理整頓を行うかと行動に移したのは先週末の話だ。片づけは好きなのだがどうにも整理整頓下手で、そのために極力持ち物を少なくしているところがある。(とはい…

スーパーヒーローではないこと

自分でも驚くほど頑張らなくなった。いい意味で。スーパーヒーローじゃないんだから、命がけで戦う必要も、何かを守る必要もない。もう無理だなぁと思ったら休むし(さすがに休む際はいろいろ調整するけれど)、それでもダメで限界だったらとにかく逃げる。逃…

忘れること

転職してからそろそろ一年経つ。一年目はいつでもどこでも苛立ちしかないものなのでまあこんなものかと思っている。雲行きが怪しい部分もあるが、とりあえずできる事は限られており、その中でどうにかしよう…と頭を抱えるばかりである。また一年経っても赤ん…

人が良いこと

半年ぶりに会った友人の人が良すぎる部分に驚いた。もろもろ省くが簡潔にまとめると「自社のよく知らない相手(他部署)に不愉快な思いをさせられた、それからすごく苦手になったが、よく知らない相手なのにたったそれだけのことで苦手やら嫌いやらという感情…

おばあちゃんのこと

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」 全員二親等の関係であるが、私が特に親しんでいた母方の祖母が亡くなって、もう三年ほどになる。近所に住んでいた母方の祖母は東京生まれ東京育ちのお嬢様で、性格だけでいえば大変わがままな部類に入る。人生で欲…

恋はするものではなく落ちるものだのこと

人事課長(もうほぼ友人といっても過言ではないのだが)との話の際、夏休み引きこもって悠々自適に過ごしていた、という話をしたら「なぜ旅行に行かなかったのか」と問われて言葉に詰まった。私の選択肢カードに旅行がない、それだけであるが、当たり前のよう…

話のこと

先週の金曜夜、久しぶりに会う友人たちと日付が変わるころまで騒いでいた。関係ないが固有名詞を取っ払い「友人」と一括りにして記すと、文字上では誰が誰やらさっぱり区別がつかない。誰が誰やらと言えるほど、「友人」と呼べる存在がいるのだと思うとあり…

咳止めの薬のこと

いまだに咳がひどかったので昨夜医者に行った。咳がひどい経緯を先週末の出来事から説明すると、ダウナー系の先生が一言「気管支炎だったんじゃない?」と。言われてみれば諸症状が当てはまる。それがいまだ咳だけ残っているのでは?ということだった、なる…

ひんやり飯のこと

今週のお題「ひんやり飯」 八月のことだが、ふと、「冷やし茶漬けを炭酸水で作ったらどうだろう?」と思った。今思えば暑さで頭がどうかしていたとしか思えないのだが、その時の私としては「冴えてるゥ!」の一択だった。何が冴えているのかさっぱりわからな…

体調のこと

先週末盛大に風邪を引いたおかげで、週末の予定が狂いに狂いまくった。風邪の原因は多々あれど、お世辞にも体が丈夫ではない私は先に風邪をひいてケロッと治った妹とは違いおおいに寝込むこととなった。引き始め、熱が出そうだ気を付けなければ…と言って市販…

八月末のこと

職場に夏休みの帰省やら旅行やらの土産がずらずらと並べられている。仕事場の一角がちょっとしたスイーツバイキング状態。特に出かけてもおらず土産などない私はそれらを美味い美味いと享受するだけの生き物と化している。おかげさまでおやつには困らない。 …

私のふるさとのこと

ふるさと、故郷、と呼ぶと、なんだか仰々しく気恥ずかしさもあるのだが、私は東京都二十三区出身で、今もそこに住んでいる。生まれてこの方、他所へ出たことがない。前々から目論んでいる一人暮らし生活も、結局のところ実家の周りで探している。実家は出た…